予約・お問合せ 082-277-9555

【Location】トップページ > 診療一覧 > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは、歯周病菌によって歯ぐきや歯を支えている骨などの歯周組織が侵される病気です。以前は歯槽膿漏といわれていましたが、虫歯とともに歯をなくす大きな原因で、ほとんどの日本人がかかっていると言われています。

はじめは痛みなどの自覚症状がなく、ゆっくり気付かないうちに病状が進行し、しかも多くの歯に影響するので、虫歯以上にやっかいな病気とも言えます。また歯周病は口臭の原因にもなります。

さらに最近の研究によって、歯周病は早産や低体重児などのリスクを高めたり、心臓病、糖尿病などの全身疾患にも大きな影響を与えることが明らかになりました。ますます歯周病の治療はおろそかに出来なくなっています。

歯周病の治療

歯周病の治療は、その原因である歯垢、歯石を取り除き、再びつかないようにコントロールすることが基本となります。正しいブラッシングの方法で、歯の表面を歯垢のない清潔な状態に保ち、さらにポケットの中まで入っている歯石を完全に取り除き、歯の表面をなだらかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去します。進行した歯周病に対しては外科的な治療が必要な場合もあります。
健康な歯ぐきを取り戻したら、その維持のために歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメンテナンスを定期的に受けることが大切です。
当医院は、歯周病治療のトレーニングを受けていますので、安心してご相談下さい。

再生療法

歯周病になると歯を支える周りの組織の破壊が起こります。比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が奥まで進行し、歯を支えている組織の破壊がひどい場合には、組織を回復させるための手術が必要となります。この手術の際に、歯周組織再生誘導材料という手術治療を補助する、歯周病によって溶かされた骨を再生させるための材料が使われることがあります。

現在使用されている再生材料の中でもっとも治療効果が高いものがエムドゲインゲルという材料です。エムドゲインゲルは、歯が生えてくる時にはたらくたんぱく質を主成分とし、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。現在の科学水準に基づく高い安全性の確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、現在世界各国で使用され、エムドゲインゲルが原因とされている副作用は報告されていない、安全な歯科再生材料です。
当医院の歯科医師は専門のトレーニングを受けており、安心してご相談下さい。